venerdi_logo

リングをはめる指とその意味

プライベートのおしゃれで、いつも指輪をどの指にはめるか決まっている方もいらっしゃると思います。左手の薬指にはめるのが「結婚指輪」ということは、誰もがご存知だと思います。実は、その他の指にも意味があるというのはご存知でしょうか。こちらでは、リングをはめる指とその意味についてご紹介いたします。

小指に指輪をはめる意味

右手の小指は、「自己の指」といわれています。自分のことを知ってもらいたい相手と会う時に、はめるのがおすすめです。また、お守りの意味がある誕生石などの宝石をつけた指輪をはめる指としても、良いといわれています。左手の小指は、「願望達成の指」といわれています。恋愛に限らず、色々な目標を達成する願いを込めるのにおすすめです。

薬指に指輪をはめる意味

右手の薬指は、「精神の安定」、「恋愛の成就」という意味があるといわれています。また、宝石が持つ意味がまっすぐ現れる指でもあるので、大切な人と安定した関係を願うならこの指に指輪をはめるのがおすすめです。左手の薬指は、前述の通り結婚指輪をはめる指として有名ですが、その意味は「永遠の愛を貫く」といわれており、正に結婚指輪をはめる指として最適です。

中指に指輪をはめる意味

右手の中指は、「意思の力」や「厄除け」という意味があるといわれています。精神的にすこし疲れている方におすすめの指です。左手の中指は、「直感を刺激する指」といわれています。芸術的な作品を制作している時など、インスピレーションを感じたい時におすすめです。

人差し指に指輪をはめる意味

右手の人差し指には、「集中力や行動力の向上」という意味があるようです。右手の人差し指は、指の中でも一番器用でよく使う指でもあるので、このような意味があると考えられています。左手の人差し指には、「精神力」という意味があるといわれています。自分一人の力で叶えたい目標がある方に、おすすめの指です。

親指に指輪をはめる意味

右手の親指には、「指導者」や「主導権」という意味があるといわれています。問題の壁にぶつかった時や、行動力が乏しいと感じた時におすすめの指です。左手の親指には、「信念」という意味があるといわれています。夢の実現のために、常に高い意識を持って頑張っている方に最適の指といえます。

ヴェネルディでは、まるでご馳走のような煌びやかなオリジナルジュエリーを制作しております。取り扱いショップは、ブライダルハウスTUTU青山店、drama H.P.FRANCE阪急うめだ本店にございますので、ショップに訪れた際には、是非ヴェネルディのジュエリーの美しさもご覧ください。また、デザイナーの瓜本真理がお客様のご要望に添ってジュエリーを制作する、オーダーメイドのご依頼も承っております。ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。