venerdi_logo

ジュエリーを長く楽しむために

ヴェネルディでは、瓜本真理が手掛けるオーダーメイドジュエリーを受注販売しております。お気に入りのジュエリーは、購入した時のままいつまでも美しい状態で楽しみたいと願うものです。そのためには、日頃のお手入れや保管方法などの気遣いが大切になります。こちらでは、ジュエリーを長く楽しむための基本的なお手入れ方法などをご紹介します。

ジュエリーを身につける際の基本

ジュエリーは、お出かけ前のメイクやヘアセットなどをすべて終えてから身につけるようにしましょう。化粧品やヘアスプレー、香水、ハンドクリームなど、油成分が宝石の表面に付着すると輝きを鈍らせてしまいます。また、変色や変形を避けるためにも、温泉やお風呂では外しておくのが無難です。ジュエリーを外したあとは、メガネ拭きのような柔らかいクロスで優しく表面を拭いてあげてください。

宝石によって変わるお手入れ方法

使用している宝石によっても、取り扱いの注意点は変わります。例えば、傷に強い宝石として有名なダイヤモンドは、皮脂や静電気による埃が表面に付着しやすいため、毛先の柔らかいブラシと中性洗剤を使って優しく磨くと輝きが戻ります。ルビーはダイヤモンドの次に硬い鉱石ですので、同じようなお手入れ方法で構いません。

反対に、エメラルドは意外ともろい宝石のため、ご自身でのお手入れはクロスで優しく拭くだけにしましょう。ネックレスやピアスに使用されることの多いパールは、汗や酸に弱いため、夏場の使用後は特にクロスでのお手入れが大切です。

保管方法について

宝石はそれぞれに硬度が異なりますので、それぞれが擦れてしまうと細かい傷がついてしまいます。お互いがぶつからないよう、専用の宝石箱で保管するか、個別に包んで保管するのが望ましいです。その際は、留め具やピンをきちんと留めて、なるべく空気にふれないようにすると、金属部分の曇りや変色を避けることができます。

瓜本真理がデザイン・製作するジュエリーは、すべて受注生産制となっております。ジュエリーをお求めの方は、drama H.P FRANCE 阪急うめだ本店、オンラインストアをご利用ください。またブライダルハウスTUTU青山店ではオーダーウェディングジュエリーのみ受注しております。お買い求めやお問い合わせは、電話かお問い合わせフォームよりご連絡ください。