venerdi_logo

結婚指輪のルーツ

エンゲージリングは、男性から女性へ「愛の証」として贈られます。そして、マリッジリングはお二人の「絆の証」として贈り合います。こちらでは、そんなウェディングに欠かせない指輪のルーツについてご紹介していきたいと思います。

なぜ、婚約指輪を贈るようになったのか?

指輪というものは、元々パワーアイテムとして古代エジプト時代から身につけられていました。それが古代ローマ時代になると、男女が結婚の証として交換するようになっていったのです。そして、9世紀頃のローマ皇帝ニコラウス一世が、誓いの儀式に鉄の輪を贈ったことがマリッジリングの始まりだといわれています。

結婚式の儀式として定着した指輪交換は、13世紀頃からヨーロッパ全土で花嫁には金の指輪を、花婿には鉄の指輪を贈るようになりました。現在のようなダイヤモンドが使用され始めたのは、15世紀以降のことです。日本では、明治時代になってからマリッジリングの習慣が広まったといわれています。

丸いリングの形は、永遠に途切れることのない愛情を意味しており、夫婦として共に歩んでいく誓いを表しています。夫婦の絆を深め、愛が永遠に続くようにと祈りを込めて贈り合うのが「マリッジリング」なのです。

なぜ薬指にはめるのか?

マリッジリングは、左手の薬指にはめるのが一般的です。その理由は、ギリシャ神話に由来しています。古代ギリシャでは、人間の感情を司る場所は心臓にあり、左手の薬指はその心臓に繋がる血管があると信じられていました。

心臓=相手の心をつかみ、絆を深めるために左手の薬指に指輪をはめて、結婚の誓いをより強いものにしようという意味が込められているのです。エンゲージリングも同様で、神聖な意味合いのある左手の薬指にはめるのが一般的とされています。

ヴェネルディは、ジュエリーデザイナー瓜本真理による「ごちそうを纏う」をコンセプトにしたジュエリーショップです。ブライダルハウスTUTU青山店ではオーダーウェディングジュエリーを受注しておりますので、ウェディング・パーティー・記念日・普段づかいなど、様々なシーンでお楽しみください。

  • インスタグラムVENERDI
  • インスタグラムMauri
VENERDI