venerdi_logo

ダイヤモンドジュエリーの4C

宝石の代表とも言えるダイヤモンドは、様々なジュエリーに使用されています。ダイヤモンドジュエリーを選ぶ際に知っておきたい「4C」についてご紹介いたします。

ダイヤモンドの4Cとは

4Cとは、ダイヤモンドの品質を表す4つの要素の総称をさしています。 ダイヤモンドジュエリーには、この4Cが記載された鑑定書(保証書)が添えられています。

1.カット(CAT)

ダイヤモンドの研磨を表します。ダイヤモンドの美しさを決める輝きはカットで左右されます。正確なプロポーションと仕上がりの度合いで「Poor・Fair・Good・Very Good・Excellent」の順でグレードが決められます。 最上級のExcellentの中でも、「3EX」は完璧なダイヤモンドと言われ、カットの中でも対象性が優れているダイヤモンドはハートと矢の形が見えることから「H&C」と呼ばれています。

2.クラリティー(CLARITY)

ダイヤモンドの透明度を表します。内包物が少ないほどクラリティーが高いとされ、「I・SI・VS・VVS・IF・FL」の順にグレードが決められています。肉眼では見えないSI より上のグレードがおすすめです。

3.カラット(CARAT)

ダイヤモンドの大きさを表す単位と勘違いされている方も多いと思いますが、カラットはダイヤモンドの重さを表す単位です。1ctは0.2gとなり、重くなるほど希少価値が高くなります。

4.カラー(COLOR)

ダイヤモンドは無色透明に見えますが、実際にはわずかに色がついているものが多いのです。アルファベットのDから始まり全部で26段階に分けられます。Zに近いほど黄色味がかっているということになり、Dに近いほど無色透明に近いため希少価値が高くなります。

4Cは、ダイヤモンドジュエリーを選ぶ際の基本にもなりますので、是非覚えてジュエリー選びにお役立てください。 ヴェネルディでは、ブライダルジュエリーで選ばれることの多いダイヤモンドを贅沢にあしらった様々なジュエリーを取り揃えております。 瓜本真理が手掛ける大胆かつ繊細なデザインのジュエリー、ヴェネルディはDORAMA H.P FRANCE 阪急うめだ本店、ヴェネルディオンラインサイトにて販売しております。ブライダルハウスTUTU青山店ではオーダーウェディングジュエリーのみ受注しております。ご予算に合わせお作りしますので、お気軽にお問い合わせください。

  • インスタグラムVENERDI
  • インスタグラムMauri
VENERDI